トップボカン(TOPBOKAN)のブログ。

トップボカンのブログ。


Entry : main   << >>
ロクマルを釣れ!(秋の陣:初日)
ブログをご覧のみなさん、コンニチワ!



久しぶりの更新でございます。
というのも、今年3回目となるビャーコへ行ってきましたので重い腰を上げました。


1回目は6月の「SURFACE SESSION」。このときは激雨だったし釣りがメインじゃなかったのであまり釣りしてない。そのかわりたくさんの人と知り合い、ビャーコで楽しい時間を過ごした。

2回目は8月のお盆にコータローとアカシさんと初のモーターボートでの釣り。激暑い中、アカシガイドによる釣りを体験できて、おまけにウィードで釣ることも出来た。ウィードでの釣りは「信じて投げつづけられるか」が重要だったりするので、これはとても収穫大だった。

そして今回、お盆の釣りの影響かは定かでないけどノビーの釣り熱が再燃し、チャキチャキと手配を進め、ガチの「トップDEガイドサービス」を2日間堪能するプランとなった。


果たしてどんな2日間になるんだろう?


事前情報ではかなり厳しいことが予想されたので、ラッキーパンチが炸裂することを妄想する。あれやこれやと遠征の準備をしたんだけどコレがまた楽しい。

このときから遠征は始まっているんだな。


 
 

妄想が膨らみすぎて、遠征前にノビーと久しぶりにスローテーパーにいってみたり。オレは前回ヒッププッシュでポキ折ってしまったロッドを再購入。そのほか、バップのピンクのスロテチューンを依頼したり。ノビーは気合いが入ってるのでカルカッタのコンクを事前に購入し、ハンドルもやたらグルグル回るやつに。ついでにソルト用のハイギアを購入していた。組むのはムネにおまかせだったけど。

「琵琶湖に行くのって、
 ロクマル釣るためにだろ?
 ロクマル釣れなかったら、
 55だろうが35だろうがいっしょだよ」

あいかわらず、おっしゃるよね〜

でもその通り。ロクマルラッキーパンチを狙って、気合いを入れて投げることを固く誓った。ちょっと力んだら「ブ〜」ってオナラでちゃったけどね。そんな感じで、ちょこちょこ買い物をしつつも、琵琶湖の話から出会った頃の話まで話は尽きることなく、深夜まで市原で過ごした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回の遠征はノビー・トクダ・ザキ・オレというメンツだったんだけど、トクダが仕事で赤信号が点灯した時、奇跡的にヒサシが行けることになった。ということで、今年はないなと思っていたいつものメンツでレッツゴー!


今回は1日はアカシ艇にて釣り。1日はアルミで自由行動といった感じになる。
現地でどういう組み合わせで乗るか、初日か2日目か。

オレは初日アカシ艇、2日目はアルミがなんとなく良いかなって思ってた。初日に機動力のあるボートで琵琶湖の様子を見て回り、2日目に初日良さげだったところを重点的に狙う。といった感じ。でも、どっちでも良いんだよね。状況なんてコロコロ変わるし、風吹いたら思うように釣りはできないもん。

このへんをガチガチに「オレはこうじゃなきゃイヤだ」とか言っちゃうようなメンツがいるとまーまー面倒。いつもの遠征メンバーにはそういうのがいない。だから、何年もいっしょに遠征いけるんだよね。協調性(=激ユル)の価値観が一緒なんだな。



話がそれちゃった。時間どおりにマリーナに到着して組み分けのグーパー。1発で決まった組み合わせは、ヒサシとノビー、ザキとオレ。ヒサシとノビーがこのままアカシ艇に乗ってガイドサービスを堪能することに。ザキとオレは、めぼしいポイントを聞いて浮くことにした。

っつーか、この時期ともなると早朝の気温が低くてメッチャ寒い。出がけにR4を取りに帰って良かったよ。


今回ひと一倍気合いの入ってるノビー。きっと一番ワクワクしていたに違いない。

見てるだけでもワクワクするね。アカシさん、最近激シブなだけにちょっと不安そう。


アカシ艇を見送ってオレらもポイントへ。


今回、アルミ・エレキ・バッテリーをアカシさんからお借りした。サンキューでーす!


あ、あれ? アミ積み忘れたぞ。ロクマルきたらセルフランディングかパドルでひっぱたいて気絶させるしかないな。

そんな下らないココロの準備をも済ませて、いざ釣り開始。
お盆に調子の良かったエリアなので、ウィードの見分け方、釣り方は鮮明に覚えてるぞ。


よしっ!


陽はすっかり上がっていたのでノーマヅメ。ザキはあまりウィードが伸びている時期に来ていないため、ウィードでの釣りを楽しみにしていた。せめてバイトでもあるとやり続けられるんだけどなぁ。よさげなウィードを探してランガンする。

夏に釣ったところはやはり良いウィードが生えていて、しばらくそこで粘るがノーバイト。
秘密のデカバスポイントに行くものの、今日はお留守だった。。。




釣り開始から3時間、風が吹き始め波も出てきた。ノースイで運転してきたオレらの集中力も切れてきたので寝ることにした。


やっと寝れる。気持ちいい〜


1時間ほどで波がアルミに当たってうるさいので起きてしまった。けっこう頭がスッキリしているので再出発。


お、目の前でトップらしき人が釣ってるぞ! ド昼間だけどウィードでサカナが出ることがわかったのやる気マンマン。あたりを見渡すと思ったより沖目にボートがいたりするので、ちょっとそこいらまで行ってみたり。


「やっぱりこんな沖までウィードがあるんだな」
「さっきのウィードのほうが活き活きしてるな」
「あれ?このへん何もないのにボートいっぱいいるなぁ」

などと水中観察に余念がない。とはいえ、バイトもないからソレが正解かはわかんないけどね。ちなみにどのウィードにもベイトらしき姿は見られなかった。

あいかわらず波がウザイので魚礁に非難。すると、ここのウィードには鮎がスクールしている。鮎パターンか? 二人してボコボコやってボイル誘発を狙うがあっさり空振り。。。

あとから知ったんだけど、鮎パターンとか鮎ボールの鮎って川にいるぐらいの大きさだと思ってたら、琵琶湖でいう鮎ってチョー小さいのね。3〜4cmぐらいかなぁ。来るたびに勉強になるな。


あらためて画像を見ると景色は海だね。


アカシ艇はというと、どうやらノビーがバラしたっぽい。しかも、バイトがあったので合わせたらロッドを落としたと。どんだけ握力が衰えてんだか。老いてるよね〜


ここで昼飯のため船を撤収してアカシ艇と合流する。


夏に来たところ。


アカシ艇はというとノビーのバラシ、ヒサシの2m後ろでワンバイ…以外は沈黙らしい。が、そこはこのメンツ、アカシガイドサービスを楽しんでいるようだ。アカシさんは釣らせたいから気が気じゃなさそうだけどね(笑) 午後の健闘をたたえて釣り再開。

オレらはポイント移動のついでに携帯の電池が切れたのでマイカーを駐めてあるマリーナに戻る。ついでにアミも積む。よしっ!

モタモタしていたら3時半になっちゃった。午後は雄琴のあたりから出船。これがいかにも「釣れそう」なエリアだった。小場所チックでウィードが豊富。風も止んできたし、今日イチの期待度マックス!!

ルアーはいろいろ投げたけど「ねちっとプラカポネ」はなかなかその気にさせてくれる。お世辞ヌキでね。夏にコレで良く釣っていたのを目にしたからそういうのも刷り込まれていているっつーのもあるし、コレで釣ってアカシさんにの恩に報いたいってのもある。ただ、釣れる気しないルアーってそんなに投げ続けられないよ。これ以外には、ビューグル、フラポッパーをけっこう投げた。ブリッジならスタンブルとムス。スイズルをフック交換したまま家に忘れてきたのは痛かったな。ヘドバンはザキが良く投げていたので、今回はあまり投げなかった。その代わりにピンクのバップを良く投げた。ま、この日はいずれもノーバイ。



チーン


期待したものの、そんなに甘くない。

マヅメを迎え、バッテリーもなくなってきたので最初の期待したウィードを丹念にゴボるもののノーバイトで初日終了。


「ヒサシ、バイトとったかなぁ」


そんなことを話しながらボートを撤収した。
ちなみにノビーは最後の最後にやり上げていた。


ロクマルじゃないけど、ねちっとプラカポネってところがイイね。


帰りのクルマで久々にTwitterを眺めてると

「ロクマロとったどー!!!????」 

といったはまんちょパイセンのつぶやきが目に飛び込んでくる。


でかい!!!


「やるなぁ、もってんなぁ」
「やっぱりあの時間帯なのかぁ」
「水悪いっていわれてるけど東が良いんかねぇ」

などと興奮気味に勝手に分析しながらマリーナに戻る。

とりあえず今回の宿「おかもと荘」で風呂に入ってメシへと出かける。ちなみに「おかもと荘」安くて綺麗で規則がゆるい。オススメです。


「焼肉いこうよ」


と提案してあたりを散策。さんざん歩き回ってようやくメシにありついた。この間に、さっきのはまんちょパイセンのロクマルゲットの詳細情報が入る。

「目の前を弱ってヨロヨロ泳いでいる
 ロクマルをアミですくってゲット


という奇跡的なデキゴトだったことを知って大爆笑!!
アカシさんとタカシも合流してワイワイとはじめる。




途中、ヒサシがアオヨシさんと電話してる。なんと隣の王将で呑んでるらしいのでこっちに合流して一緒にワイワイ。


アオヨシさん、ネモヒゲさん、Jahさん、バルボッサさん合流。


Jahさんは6月の「SURFACE SESSION」以来の再会。次の日も早いのに11時すぎまで呑んで騒いでた。やっぱ大人数は楽しいよなぁ。コロナのリョータ君にもギリギリコンビニで会えたし、釣れなかったけど満足した初日だった。


「初日ノーバイなので恐いモノなし」


オレは一か八かの覚悟できているので、やりきれたのならノーバイとかヘッチャラ。
ということで、オレとザキはかなりお気楽。アカシさんとの釣り、楽しみだなぁ。


つーか、明日は起きれるんだろうか??


いちおう目覚ましセットして泥のように眠った。
起きれるかどうかは神のみぞ知る。


(つづく)
| topbokan | 14:58 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
マジで超久々の更新じゃん。
ボカチキバンって言われちゃうよ。
今回遠征に行って一番思ったことは
家族も大事だけど仲間も大事ってことだね。
やっぱ楽しいわ。
Posted by: ヒサシ | at: 2012/10/17 10:48 AM
お疲れさんでした!あ。。午後の部の最初の写真の杭?で50釣ったよー。って…信じてもらえないかなw
アミはちゃどさんのだったんで自分用に調達しなきゃかな♪
Posted by: はまんちょ | at: 2012/10/17 1:01 PM
お疲れさまでした〜
ちょい睡とノーフィッシュからのアルコールでハイテンションになってしまいました。。。すみません。
けど楽しかった〜
あの後6時間くらいシャックリが止まらなかった。
またヨロシクです!
Posted by: nemohige | at: 2012/10/17 4:07 PM
ヒサシ、
ほんとヒサシブリ、9月は仕事死にしてた。
奇跡的に遠征に行けて良かったよ。
あのリミッター解除っぷりは気持ちいい。

はまんちょさん、
お疲れさまでした。
えっ?!あそこで釣ったの?? そんなの信じらんない。
すくったんなら信じますけどーww
また遊んでください。

nemohigeさん、
おつかれでした! アオヨシさんとオモロイコンビでしたね。あの焼肉屋、ちょーオモロかった。
また遊んでください。来年のGWはすでに予約はいってますから〜
Posted by: Mackey | at: 2012/10/17 10:26 PM









『車上荒らし』…被害話を聞いても、
しばらくすると意識しなくなります。
知識・知恵武装もしておきましょう。
見えない敵は手強いですね。
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Links
Archives
RSS
qrcode