トップボカン(TOPBOKAN)のブログ。

トップボカンのブログ。


Entry : main   << >>
ロクマルを釣れ!(秋の陣:2日目)
「マッキーさん、朝ですよ」


ザキに起こされる。やっぱり自力じゃ起きられなかったか、、、
そのザキはヒサシに起こされていた。。。

こんな感じでダメダメなノーバイコンビの2日目が始まった。
ちなみにノビーは起きる気配がないので、とりあえず置いてった。



昔、釣り場で起きないからガチで置いていったことを思い出した。(撮影:ヒサシ)

 
  
この日は前日のような寒さを感じない。
これだけでテンションアップ!


約束の5時過ぎにマリーナに到着。
前日アカシ艇に乗ったノビーはニーブーツのせいで足が痙ったらしい。
ヒサシもずっと立ってたしニーブーツは疲れたという。


ということで、オレらはスニーカーのまま乗船。
真っ赤なアカシ艇ははじめてだしワクワクしないわけがない。


ノーバイ仲間のヒサシに見送られ、いざ出陣!


今日は日曜日。南湖は船の数もハンパないらしい。
「山の下」付近にはざっと100艇ほどいたらしく、常にボート波がたっていたとか。
そんな感じなので、前日までの不調な南湖を周るのではなく「一か八か」湖北へ行って見ることにした。 「湖北」なんて自分たちで行く発想がないから、なおさらワクワクするなぁ。




今回のアカシ艇は前回のレンタルボートの40馬力をはるかに上回る135馬力。さっきまではそんなに寒くなかったけど、10分もかっ飛んでるとR4を着ていても体が冷えた。暑がり自慢のオレが言うんだから湖上は想像以上。ダウンがあってもいいくらいだった。


しばらくして見たことのない琵琶湖の景色が現れたところでボートを止める。
狙いはやはりウィード。そして、この時期あまり見られていないアユパターンを期待してのポイントとのこと。



けっこう山深い感じなのに、どこからともなくオカッパリの人がいたりする。


ちょいちょい釣りしてると、アカシさんが


「あ、ホラホラ、追われてる!」


ピュッピュッとアユが飛んでいる。追っているバスも見えた! おりゃ〜っと投げまくるが無反応。ボイルというよりは単発だったけど「期待薄」の湖北なのに幸先良い。




北へ北へと何度か移動を繰り返す。途中、200人ぐらい漁師が住んでいる島があったり、湖上から彦根城を眺めながら釣りしたりとちょっと観光気分。アカシさんが周ってくれるポイントでは、ポツンポツンとボイルが起きるのでサカナっけを感じることができていた。ウィードやら沖の取水塔??みたいなのとか。こんなところでメガバス伊藤がDEEP-X200で爆釣してたなぁとか思い出した。そんな感じで湖北のポイントをランガンしまくる。


が、釣れない。甘くない。まさに人生そのもの。


バイトのない時間が流れ、アカシさん的にもコレより北は、、、な感じに。


「いっそのこと調査もかねて
 アカシさんが気になるところ
 周ってみましょうよ」


ということに。南湖より魚影が薄いかもしれないけど、釣れたらロクマルかもしれない(笑) 釣れそうなところで釣れないのはダメージ大きいし、たとえ釣れなかったとしても次に繋がるナニかを経験として残せればそれでオッケー。ザキもオレもそんな考え方だった。


その後、なんとなく見覚えのある景色が現れた。長浜だ。むかし釣り番組で見てたところにオレがいる。なんか不思議な感じ。そしてココはなかなかもっさりとウィードが生えていて良い感じ。


「このへんはええんちゃう?」


この日も何度か聞いたセリフだけど、このセリフが出たときはかなりの確率でバスの姿を見ることができる。釣れる釣れないはね、ほら、いろいろあるじゃないすか!


ロクマルのためなら、こんなところをえぐってみたりもする。



「あ〜、ラーメン食べたいなぁ」


それもそのはずもうお昼。アカシさんがこんな事いうもんだから、オレも汁っけが欲しくなってしまった。が、あたりは上陸できるようなところもなく、朝飯分しか買い込んでこなかったので、昼メシを食い損ねてしまった。。。


ここからはアカシさんも未踏のエリア。良さ気なウィードを見つけてはキャストを繰り返す。

あるポイントでは、ザキがよそ見中にウスラデカイのがウィードの中から出現したが、寸前のところで見切られた(アカシガイド談)。こんなところでは、座って身を低くしてキャストしたり。


で、本日いちばんフィーバーしたのがこんなエリア。


バップにバイト多数。しかーし、乗らない、持ち込まないのばっか。。。


琵琶湖最北端に近いところ。時間は午後2時頃だったかな。


「あそこ出そうやな」


の言葉どおりバッコリ出るものの消し込まず&オカワリもない。ザキはヘドバンとか下フックのプラグで攻める。ザキにもオレにもやたらバイトもあったし、目の前でウスラなボイルも見た。やたらサカナっけがあって興奮度マックス!!


が、釣れない。。。チーン
無風で良い感じなのにね。


初めて見る琵琶湖の景色。真昼間の写真なんだけど幻想的な感じ。


結構遠くまで来たので、一気に南下して帰ることに。
マリーナ付近で釣りしようにも先行者が。ふぅ、さすが日曜日。


最後の最後に11月にロクマルが出たというモジャモジャエリアを流していると、モヤ〜ンとスイメンに波紋が。ん?ボイル?? すかさずバップを投入。優しく首振りさせていると


「ボカンッ!」
「出たっ!!」


バイトは消しこみ系。ひと呼吸おいてオニ合わせするとロッドに生命反応が!!
が、次の瞬間、


「プンッ!!!」
「あ"あ"あ"〜〜〜」


スッポ抜け。オーマイガッ
ここで、ヒサシ・ノビー艇と合流。ラストポイントは、ロングポーズがキモのところ。
すると、今回の遠征で唯一釣っているノビーに


「ボカンッ!」
「出たっ!!」


最後の最後でドラマ魚がでちゃうのか?
一部始終を見ていると、今度はバラさずランディング。そして開口一番、


「ちっちぇ〜」


ヒサシとノビーをハモらせた1匹(撮影:ヒサシ)



と、これにて琵琶湖遠征(秋の陣)は終了。
1泊2日の週末強行遠征。またしても楽しく、
つまらない時間がなかったほど濃い時間を過ごした。

そして、
アカシさんには今回もいろいろお世話になりありがとうございました。
ロクマルはまた次の楽しみということで。
あ、ロクマルはおろか1匹も釣れなかったな。


ちなみにはロクマル詐称のはまんちょさんは、
この日の夜明け前にゴジュウ釣ったみたい。
もう一度いう、釣ったみたいw


こんなオレにもいつか釣れちゃうんかなぁ。
その時はこのメンバーかアカシガイドサービスが良いなぁ。


そんなことを思いながら、
昼飯抜きのオレはニラそば、唐揚げ、ギョーザ、ライスをたいらげました。ゲ~~~プッ!!
| topbokan | 13:37 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
琵琶湖遠征お疲れ様でした。
次こそロクマルお願いします。

Posted by: パンチョ | at: 2012/10/23 6:26 AM
パンチョさん、
ありがとうございます。
次回?!
生きてるウチに1本ぐらい獲りたいですw
Posted by: Mackey | at: 2012/10/23 5:55 PM
ご無沙汰してます。
琵琶湖来られてたんですね。
ニラそば行きましたか?!
私もU野さんに紹介されて以来
マイ・フェバリットNo.1です!
最高です!
次に起こしの際には是非お誘いください!
Posted by: エージェントi | at: 2012/10/26 12:56 PM
エージェントiさん、
どうもです!
ニラそば行きましたよ〜
なぜか行きたくなってしまいますね。
他にも行ってみたい麺もあるんですが、ついついw

次回は是非!
Posted by: Mackey | at: 2012/10/29 8:09 PM









『車上荒らし』…被害話を聞いても、
しばらくすると意識しなくなります。
知識・知恵武装もしておきましょう。
見えない敵は手強いですね。
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Links
Archives
RSS
qrcode